松本サリン事件

松本サリン事件、アラサー以上の方なら誰もが聞いたことがあると思います。

Wikipediaより


松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年平成6年)6月27日日本長野県松本市で発生したテロ事件警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件[1]オウム真理教教徒らにより、神経ガスサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件[2]報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察マスコミのなれ合いがあったとも言われる。

長野市民はこの事件に関する演劇を高校生の頃に観るのですが(今は知りませんが)、

オウム真理教によるテロ事件なのに一般人が冤罪で家族を含めて人生をボロボロにされるという悲惨なストーリー(実話)

この劇中で、各メディアがこの一般人を犯人だと断定するような報道を繰り返す中、終始一貫してこの一般人男性は犯人とは断定できないかもしれないと報道を続けた報道局が、

冤罪が判明したあとに「ほらどうですか!うちは貴方を犯人とは報道してないですよー!」

とドヤったものの、冤罪を受けた方からは「うるせーお前の報道局も他と一緒じゃバカタレ!」

と言われた部分をいまだに覚えています。

何が言いたいかというと、

このブログには最近オープンセサミで検索されてくる方が増えていますが、

俺の考えはあくまでコレでありコレです。

最悪でも投資額は消えるだけ、それを許容できない人はやめておきましょう。

正直、現時点で詐欺だと言っている人も素晴らしいと言っている人もどっちもどっちです。

都合の良い言葉を使わせてもらえば投資は自己責任(本当はわざわざ言いたくないけど)、

こういうものを他の人の判断に委ねて後からとやかく言うような人は辞めておきましょうね。

俺はオープンセサミが成功しても失敗してもネタになるので投資した36万円を握り締めて期待するのみです。

ここまで書いてもオープンセサミが消えたらうるせーお前のブログも他と一緒がバカタレと言われるんでしょうね。

まぁ僕のブログからオープンセサミ参加された人いませんけどね!(悲)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カウンター

  • 53515総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 49昨日の訪問者数: