海外株という考え

こんばんは。
なんとなくニュースを眺めていたら目に入ったインドネシア記事を見てから、インドネシア含む東南アジアの株を買って放っておくというのはどうだろうか?
という考えが頭を離れませんw

為替は株価に影響するので一応見ていましたが、ドル円が100円の時にアメリカ株を買っていれば株価が変わらなくてもそれだけで20%取れているんですよね。
思っていても手は出せないというのが本当のところでしょうが、
円安(インフレ)に対するリスク回避は株で良いと思っていましたが、海外株ももちろん有効ですね。もちろん銘柄の選定能力が日本株以上に必要でしょうけど。

というわけで企業分析が出来ない俺に出来ることはETFが限界でしょうか・・
成長しているとは聞くものの、海外まで調べだすと俺の能力では無理がありそうです。
東日本での震災後に株を買っておけば良かった(不謹慎に思われる方がいらっしゃったら申し訳ありません)と思っていましたが、
世界に目を向けて一時的な震災等で株価が急落した銘柄を見つけられればそれはそれでチャンスだと思うんですよね。
結局それも日本の復興能力があってこそなので日本基準で考えると痛い目を見そうですが。

1年前と比較して自分の周りでも明らかに株に対する興味は高まっていると感じます。
みんなが始める頃に次を見つけていたいですねー。今は『みんな』側ですけどね。
人よりも半歩先を歩いて利益を得られる。そういう人間に私はなりたい(願望)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスランキング参加中

ランキング参加中、
みなさまの応援がモチベーションに繋がります。
良かったらポチっとお願いします

       にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
         にほんブログ村

カウンター

  • 35679総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:
  • 35昨日の訪問者数: